読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットに自分の居場所を作るブログ

孤独な人間が自分の居場所をネットに作ろうと奮闘するブログ。

会社を辞めてしたい事 ~希望を記録に~

会社を辞めた後でしたいこと。

1.健康を取り戻す
 入社してから20kg以上太った。
 会社で精神と肉体がボロ雑巾のようになった僕
 とにかく心身の健康を取り戻したい。

2.古い友人とご飯
 入社してから友人とも会っていない。  
 壊れた携帯から連絡先を移して、ご飯に行きたい

3.旅
 海外ならエジプト
 国内ならどこでもいい
 とにかく旅に出たい。

4.ブログのカスタマイズ
 未だツイッターと連携ができない。
 とにかく自分の居場所を快適にしたい。

5.部屋の掃除
 汚い。古い会社の資料も捨てたい。

こうしてみると仕事と生活のバランスを失った事が分かる。
まずは失ったものを取り戻そうと思う。

自堕落な僕がどこまでできるかわからないが、
とにかくやってみよう。

月並みな退職者の不安 ~退職までの過ごし方~

会社を辞めるのになぜ会社に行くのか?

退職日までの間は会社に行かねばならない。

辞める時に使える有給は40日。
約2ヶ月は有給を使う計算になる。

つまり7月31日が退職日の私は
今月は会社に行かねばならない事になる。

……。やる気0%

家にいても考える事は退職ばかり、
誰が辞める会社の将来を考えるだろうか。

しかし最低限の信頼関係は果たして行きたいと思う

退職の不安 ~居場所が消える恐怖~

退職まで数週間。

会社という組織を去る不安に潰されぬ様に
今の心境を記録に残す。

僕の退職は噂や連絡でほぼ広まりつつある。

連絡と同時にお決まりの会話となる。

「何で辞めるの?」
「次どうするの?」 
「飲みに行こうや!」

会話をするうちに、僕が会社を去る事が現実味をもってやって来る。

もう彼らと同じ組織にいる事はないのだ。
いつもの通勤路も特別な道に思える。
工場の設備や部品達とも会うことはないだろう。


後悔はないが不安なのは事実だ。
時には自宅や家族よりも長い時間を過ごしてきた。
そこは嫌だったが確かに居場所だった。

その場所を去る。一つの居場所から消える。
これが不安でなく何であろう。

それならば、

これからは不安な状況や、恐怖を自覚しながら、
それらに飲まれる事なく、

自分なりに生きてみようと思う。

会社を辞める ~課長面談編~

辞める意思を口に出したら止まらない。

課長への退職願提出と共に、面談となった。
課長は僕が僕が入社した時の上司でもある。 
そんな課長と落ち着いて会話をするのも
ほぼ10年ぶりといった所だ。

面談は使っていない会議室を借りて行われた。
僕は辞める意思を伝え、課長は仕事や部下への思い
を僕に伝えた。

「ボタンの掛け違い」

僕が感じたのはそんな印象だった。
課長の思いは僕に届いておらず、
僕の思いは課長には届いていなかった。

辞める意思は変わらないが
もし違う時に、違う選択をして、
会社と課長と僕、お互いに少し交流を取れていたら
違う結果になったかもしれないと思った。
まるで、離婚の話し合いようだった。

課長との面談で僕の整理出来ていない気持ちも明らきなった。
ただ一つ確かな事は、辞める事だ。
同僚や職場の先輩達との様々な思いが胸によぎる。

ただ僕は会社に居たくない。
面談は何だったのか、よくわからない。
とにかく僕は会社を辞める。

ブログ。僕に勇気と気力と希望をくれたもの

久々に清々しい気持ちだ。

暑くなりそうだけど、前の様な憂鬱はない。

僕が気力を取り戻し、会社を辞める一歩を踏み出せたのはブログのおかげだと思っている。

この決断がどんな結果を産むかは分からないし、
会社でモンモンとした日々を送っている人に安易に辞めろとも言えない。

だけど、孤独と気力をなくして苦しんでいる人にはブログを薦めたい。

以下が理由だ。

1「自分の考えを形にする事の安らぎ」

2「他の人の想いを知れる安らぎ」

3「手軽で引きこもりでも出来る」


色々あるけど、ともかくブログは楽しい。
そして元気をくれる。

僕が何物で、未来は不確定だけど
僕なりに生きてみようと思う。

ブログと共に。

会社を辞める。~退職願提出編~

僕は今、封筒を前に退職願を書いている。

会社を辞める意思を伝えた後、面談があった。  

「なんで急にそんな事言い出すの?」

急じゃないです、長い間悩んでました。
我慢できなくなったんです。
決めた事なので辞めさして下さい。
お願いします。

僕は自販機の前で僕なりの考えを伝えた。

結果、そのつもりなら退職届を持ってこいとの流れになった。

時期については相談させて下さいと言った事は
どうやら忘れられているようだ。
ならば、希望日を気にせずに出そう。

ファックユー

今日、退職願を出す。

今日、会社を辞める意思を伝えた。

f:id:SuperGaoGaoLand:20170511044236j:plain

迷った。かなり迷った。だが後悔は無い。

今日、会社を辞めたい事を上司に伝えた。

僕なりに出した29歳の決断だ。

会社を辞める事は数年前から考えていた。

だけど「生涯賃金が〜」とか
   「将来の保証が〜」とか
   「キャリアが〜」などなど、

仕事に対する様々な意見を聞いているうちにズルズルと迷ってしまった。

様々な意見を聞いて納得できたのは、このブログだった。

http://www.amamiyashion.com/entry/2016/07/04/193000

僕はなぜ会社を辞めるのか。

同じ職場、変わらない社風、同僚。
不満を持ちながらも今の会社に勤め続ける事もできたかもしれない。

だけど僕は自分自分の幸福の追求の為に、
冒険がしたくなった。
それが会社を辞める理由だ。